ヤジ問題を拡大させて時間と税金の無駄遣いをするよりも、いったいどういう政策を提案したかったのか、それが妥当性を持っているのかを議論する方が、はるかに生産的で。。。海外まで広めて日本の恥部をさらけだすのは、いかがなものかと思う。

公的な場で、酒場や仲間内で言うべき言葉を吐く無作法は、問題だ。しかし、そんなことで騒いで国益を、都民の利益を、感情問題で損なうというのは、あまりにも幼稚だ。税金使って、こんなばか騒ぎをすることに、何の意味があるのか、理解できない。

次の選挙で、「自民党・公明党は、女の敵だ」とでも大々的に主張して、都議会の勢力図を一変させる方が、はるかに生産的なんじゃないか。みんなの党に、それだけの議員候補がいないとか、財政基盤がないとかいうのは、党だけの都合であって、都民には関係がない。都民は、いい政策ができれば、それでいいのだ。

そのあたり、いまのばか騒ぎは、「木を見て森を見ない」輩による、民主主義の冒涜であるようにも思える。

ま、マスコミはこんな美味しいネタで、稼げるだけ稼ぎたいだけなんだろうけどね。。。

Comments are closed.

Post Navigation