ここまで来て登場人物が一人足りない事に気づいた方はいるだろうか。
そう、ハーバード大のバガンディ教授である。大騒ぎになった当初は

「ある」と小保方を擁護していたが、何故か「一年間の長期休養」とかで突然消えた。騒いでいるのは日本だけなのに、何故海の向こうで世間から消える必要が ある? ここから先は聞いた話。東北大学の西沢教授が「光ファイバー」の基本技術を開発した。しかし光ファイバーの特許は殆ど米コーニング社が取得、闇金相談保 有している。西沢教授にはその代わり「ノーベル賞」が与えられた。これは日米両政府の間で決められた、らしい。そしてこれは今回の事件の構図とそっくりだ と言うのである。 ⑪更に別の情報源から「笹井は殺された」とも聞いた。殺される理由は三つ。一つは科学研究開発の分野であまりに力を持ちすぎた。製薬会社も、製薬 会社にたかる役人も、理研も、米国から特許よこせと言われた日本政府にとっても、笹井は歯が立たない、無視できない存在であった。福一と同じで安倍ちゃん の「アンダーコントロール」にはならないのである。二つ目は「あまりに知りすぎた」。

Comments are closed.

Post Navigation