この時期、朝一番の仕事は雪かきです。

雪は夜の間も、音も立てずにしんしんとと積もりますから、雪かきをしないと車が出せなくなり、仕事にもいけません。

今朝も5時過ぎに家の前を除雪車が通る音が聞こえたので、道路の両脇に押しのけられてそれぞれの家の玄関先に山となっている雪を片付けるために、外にでました。
いざでてみるとほとんど雪はありません。
どうして除雪車が通ったのかわからないほどのつもり方です。
今日はわずかな雪を片付けるだけで終わり、ほっとしました。

でも、冬の本番はこれからです。
どうやら東京では、この冬、今年中には雪が一度も積もらずに年越しとなりそうです。雪が舞っているのを見たことも無いような気が。
東北/北陸の豪雪地方では、この時期の平年より何倍も積雪が有るとのニュースですけど。
ご苦労さんです。
今の果樹栽培の仕事、冬になると仕事が少なくなってしまうので、経験のない私は一時解雇されてしまいました。
来年の春からは、また仕事があるので来てほしいとのことでしたが、この冬は失業保険で食いつないでいくしかありません。
求職の少ないこのご時世、職場ではじいさんばあさんばかりなので若手になってしまうのですが、中高年、いや中なしの高年50代です。アルバイトさえまともな仕事を見つけるのはほとんど不可能です。
子供達も独立する前に大学などでお金がかかるし、手持ちの財産を切り売りしていくしかないんだろうなあ・・・。

Comments are closed.

Post Navigation