文句があるなら、そんな借金と赤字経営を平然と続けてきた歴代の府知事と、自民党や民主党や日本共産党の府議会議員に抗議なりしてから、意見していただきたいところです。

お金が無い中で、節約しながら財政を立て直すには、いろんな部分から少しずつ削減するほかに方法はありません。日本は資源も無く、お金の成る木が生えているわけでも無い。
府下の高校一律にサービスを提起することを止めただけで、問題が発生したときにも対応は行いませんなどとは言っていないわけで、問題が発生したなら、発生した場所(学校)だけに特例で処置を行うだけです。
言い訳や文句は要らないので、こういう事象が、こういう原因で発生しているので、対応をお願いしますと、学校側から連絡すれば、それで良しです。言い訳というのは「あなたが」という意味ではなく、むしろ学校側や教職員のほうに対してですが。本当に子ども達、生徒達のことを考えているのなら、教職員としてしっかりと対応をしてほしいです。

Comments are closed.

Post Navigation