私はこの条例の成果については分かりませんが、仮にこれが上手く行っているのなら、制度をあえて採用する必要はないということになります。

「明確性の原則」は、法学部出身者以外は知らないと思います。
ですから、普通の人は、「麻薬(と同様な薬物)は、厳しいんだ…」と思うだけで、さしたる弊害はないと思います。一般国民が明確性の原則という法理の存在を知っているかどうかが問題なのではなく、萎縮効果が生じるかどうか問題なのです。
萎縮効果は明確性の明確性の原則なんて知らない人にも生じます。ま た浮気調査 茨城、弊害というのは、繰り返しますが「罰せられる行為」なのか「罰せられない行為」なのかよく分からないグレーの領域が生じて、本来後者であるにもかかわ らず国民がこれを躊躇してしまうということなのです。
発想の根底には、「快楽欲しさに怪しい薬なんかに手を出す人間は罰せられて かまわない。普通の人間はこんなことはしないのだから、弊害はない」という考え方があるのではないか推測しますが(違ったらすみません)、そもそも明確性 の原則が問題になるような事案というのは、倫理的には問題ありと思えるようなものが多いのです。

Comments are closed.

Post Navigation