これが将来的に、日本の分裂、地方の分離独立に繋がる可能性は多いに有ると考えています。
例えば、『平将門の乱』が、東国の分離独立を指向した様に。

日本については、私は若干意見が異なります。
福島の人達への差別や『東北の復興は不要』と口を滑らせた役人の様に。 この発言は、私の理解している限り、東北を差別したものでは無い、時効援用と思います。私も東北人ですが、現実問題として復興不能な場所はある筈で、そういうところはどこかで切り捨てざるを得ない、その方が元住民の方にとってもプラスということは有り得ます。もっと広く福島の人への差別は放射能の議論であって、民族問題ではありません。
『平将門の乱』が、東国の分離独立を指向した様に。
将門については諸説あるので何をも目的としていたのか一概には言い切れないかもしれませんが、少なくとも確かに西国に対する東国差別が背景としてあったのは間違いないと思います。然しこれは民族問題というよりも、現在で言えば経済格差、都市と農村の格差、に近いものであり、今日であればその差を埋める政策がとれれれば解決可能な課題だといえます。

Comments are closed.

Post Navigation