スギの花粉が飛散する頃に、小児が体温は異常ないのにくしゃみを連発したりサラサラした水っぱなが出続ける状況なら、もしかしたら杉花粉症の可能性が高いといえます。
汗疱(かんぽう)は手の平や足裏、指と指の間などに細かな水疱が出る病気で、広くはあせもと言われており、足裏に現れると足水虫と思い込まれることが結構あります。
体脂肪量(somatic fat volume)に変動が見られないのに、体重が食物の摂取や排尿等により一時的に増減する場合は、体重が増加すると体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低くなり、体重が減った人の体脂肪率が上がることがわかっています。
亜鉛は、遺伝情報やタンパク質の合成に働く様々な酵素や、細胞や組織などの活動に深く関わっている酵素など、200種類以上も存在する酵素を構成する物質として非常に大切なミネラルの一つです。
内臓脂肪症候群(メタボ)であるとは診断されなかったとしても、臓器の脂肪が多く付着する型のよくない体重過多を持ってしまう事で、いろんな生活習慣病を発症しやすくなります。
インキンタムシ(陰金田虫)という病気は比較的若い男の人多く確認されており、大抵の場合は股間部にだけ広がり、軽く運動したり、入浴後など体がポカポカ温まると猛烈な掻痒感に苦しみます。
ポリフェノールに代表されるフィトケミカルの部類に入るスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる揮発性の有機硫黄化合物について、肝臓の持つ解毒酵素の効率的な発生をサポートしているという真実が明らかになりました。
陰金田虫というのは、医学的には股部白癬(コブハクセン)と呼び、かびの仲間である白癬菌が陰嚢(いんのう)や股部、尻などの部位にうつり、定着した病気で俗に言う水虫のことなのです。
期外収縮は、特に病気ではなくても発生することがあるので珍しい病でないとはいえ、発作が幾度も絶え間なくみられるケースは楽観視できないといえます。
パソコンの小さなちらつきを低減するレンズの付いた専用メガネが大変人気をはくしている要因は、疲れ目の対策に大勢の方々が苦心しているからだといえます。
毎日の折り目正しい暮らしの維持、腹八分目を志すこと、適切な運動や体操等、古臭いとも言える健康に対するおこないが皮膚の老化防止にも関わっているのです。
季節性インフルエンザ(seasonal influenza)のワクチンでは、数多くの研究の成果により、ワクチンの効能を見込めるのは、ワクチン接種を受けた2週間後からおよそ5カ月程ということが判明しています。
ジェネリック医薬品というものは新薬の特許が失効してしまった後に購入できて、まったく同じ成分で負担を低くできる(薬の金額の高くない)後発医薬品のことで、広く知られるようになりました。
子どもの耳管は、大人の耳管と比較すると幅がある上に長さがなく、かつ水平に近いため、様々な菌が進入しやすくなっているのです。小さな子どもが急性中耳炎に罹りやすいのは、この作りが関係しています。
酒類に含まれるアルコールを無毒化する効果を持つナイアシンは、苦しい二日酔いに効きます。苦しい二日酔いの誘因物質とされる酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という化学物質の無毒化にも力を発揮しています。

Comments are closed.

Post Navigation