細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、最もかかりやすい中耳炎で比較的子供によく発症します。激しい耳の痛みや38度以上の熱、赤い鼓膜の腫れ、耳漏(みみだれ)など多岐に渡る症状が現れるのです。
吐血(とけつ)も喀血(かっけつ)も口腔からの出血ですが、喀血とはのどから肺をつないでいる気道(きどう、呼吸器の一つ)から血が出る症状で、吐血の方は無腸間膜小腸よりも上部の消化管から出血する病状を示しています。
学校など大規模な団体生活をするに当たって、花粉症の症状の為にクラスメイトと一緒にエネルギッシュに身体を動かせないのは、患者である子どもにとっても悔しいことです。
患者数が増加しているうつ病では副交感神経が優位になると脳で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が足りず、憂うつ、なかなか入眠できない不眠、なかなか抜けない疲労感、食欲低下、体重の減少、強い焦燥感、意欲の低下、そして重症化すると自殺企図等の様々な症状が出現するのです。
子どもの耳管の特性は、大人のそれに比べて太めで短めの形であり、又ほぼ水平になっているため、バイ菌が入り込みやすくなっているのです。子どもが急性中耳炎になりやすいのは、このためだと言われています。
アミノ酸であるグルタチオン(Glutathione-SH)は、細胞の機能を低下させたり変異を誘引する人体に対する有害物質を体の内側で解毒し、肝臓の能力を促す役目が分かっています。
耳鳴りは2種類に大別され、当事者にしか聞こえないという「自覚的耳鳴り」と、血流のように当事者以外の人にも高性能マイクロホンなどを使ってみると感じることのできると言われている「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が変わります。
体重過多に陥っている肥満は勿論食事の栄養バランスや運動不足が因子になっていますが、内容量の変わらない食事であっても、かきこむように食べ終わる早食いをしていれば体重過多に陥っている肥満の状態を招く結果になります。
ポリフェノールで最も有名な特性は水溶性のV.C.や脂溶性のトコフェロールなどとは性質が異なっており、細胞の間の水溶性部分に脂溶性部分、加えて細胞膜でも酸化を防ぐ効果があるのです。
毎日の規則正しい、穏やかな暮らしの保持、暴飲暴食を控えること、程よいスポーツ等、一見古典的ともいえる体に対する思いが皮膚の老化防止にも役立つのです。
UV-Bは、UV-Aと比較して波長が短いので大気中のオゾン層を通過する際に一部分が吸収されますが、地表まで届いたUV-B波は肌の表皮の内側で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、デオキシリボ核酸)を傷つけてしまうなど、皮ふに悪影響を与えるのです。
「とにかく時間がない」「粘着質なお付き合いがすごく嫌だ」「あらゆる先端技術や情報の高度な進歩に追いつけない」など、ストレスを受ける場面はみんな異なります。
エイズはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染により罹患するウイルス感染症の事であり、免疫不全へと至り些細な病原体が原因の日和見感染やガン等を併発する症候群の事を称します。
常在細菌のブドウ球菌(葡萄球菌、staphylococcus)はグラム陽性球菌であり、毒素が強大な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…staphylo-は「ブドウの房」の意)と一方は毒素の微弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2つがあるのです。
基礎代謝というのは人間が横臥位でじっとしていても消費してしまう熱量のことで、その半分以上を様々な筋肉・最大の内臓である肝臓・頭部の脳の3つで消費しているということはあまり知られていません。

Comments are closed.

Post Navigation