突然発症する急性腸炎(acute enteritis)は、ほとんどの場合腹痛・嘔吐・腹下しの症状が出る程度ですが、バイ菌の感染による腸炎の場合は凄まじい腹痛・ずっと続く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・下痢と一緒に38℃以上の高い発熱が通例です。
内臓脂肪症候群(メタボ)であるとは診断されなかったとしても、臓器に脂肪が付く種類の悪質な体重過多を持っていることに縁り、あらゆる生活習慣病を誘引しやすくなります。
腰などが痛むヘルニアとは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨と背骨の間にあるクッションに近い働きをしている椎間板(ツイカンバン)という名称の円形の線維軟骨が突出してしまった症状の事を指します。
期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、特に病気ではなくても症状が発生することがあるため深刻な病ではないにせよ、発作が数回に渡って続いて起きる場合は危険な状態です。
食中毒を引き起こすことのあるブドウ球菌(スタフィロコッカス)はグラム陽性球菌であり、毒素の極めて強大な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…staphylo-は「ブドウの房」の意)と毒素の強くはないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2つが存在します。
乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、現在まで使用されてきた生ワクチンに代わり、平成24年9月1日より原則無料で接種することができる定期接種になるので、集団接種ではなく医療機関で個々に受ける個別接種という形に変わりましたのでご注意ください。
通常の場合は骨折しない位の僅かな圧力でも、骨のある定まった個所だけに繰り返して切れ目なく力が加わってしまうことにより、骨折が生じてしまう事もあり得ます。
目と目を合わせることなどで、当事者が動物を可愛いと感じることによってホルモンのオキトキシンが分泌されれば、ストレス軽減やヒーリングなどに繋がっているといわれています。
栄養バランスの優れた食生活や体を動かすことはもちろん、肉体や精神の健康やビューティーを目的とし、特に欲しい栄養を補うために様々な種類のサプリメントを利用する事が一般的なものになったそうです。
アルコール、お薬、化学的な食品の添加物等を特殊な酵素で分解し、無毒化する機能を解毒(げどく)と呼び、多機能な肝臓の担う大切な職責のひとつであることは間違いありません。
「体脂肪率(body fat percentage)」とは、身体のなかの脂肪が占有している重さであって、「体脂肪率(body fat percentage、%)=体脂肪量(キログラム)÷体重×100」という式で調べられます。
BMIを計算する式はどの国にも共通していますが、値の位置づけは国ごとに違いがあり、日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI22を標準体重とし、BMI25以上の場合を肥満、BMI18.5未満を低体重と決めています。
塩分と脂肪の大量摂取は避けて自分に合う運動に励むだけでなく、ストレスを感じすぎないような生活を意識することが狭心症の素因である動脈硬化を事前に防ぐポイントなのです。
自動体外式除細動器(AED)というものは医療資格を持たない一般人でも取り扱うことのできる医療機器で、AED本体からの音声ガイダンスに応じて手当することで、心室細動に対する治療の効力をみせてくれます。
亜鉛は、遺伝情報やタンパク質の合成に関係する酵素や、細胞もしくは組織の再生に関わる酵素など、200種類以上存在する酵素を構築する物質としてなくてはならないミネラルなのです。

Comments are closed.

Post Navigation