生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓に存在するインスリンを分泌するβ細胞が何らかの理由で破壊されてしまうことが原因となり、その膵臓から微々たる量のインスリンしか分泌されなくなり発病する自己免疫性の糖尿病なのです。
ハーバード大学医学部の調査によれば、普通のコーヒーと比較して1日2カップ以上デカフェのコーヒーを飲用すれば、驚くことに直腸癌の発病リスクを約5割も減らせたそうだ。
トコトリエノールの働きとしては酸化を遅らせる効果が殊に知られていますが、更に肌をきれいに保つ効果や、血清コレステロールの生成を抑えたりすることが確認されています。
毎日の折り目正しい暮らしの維持、満腹になるまで食べないこと、軽い体操等、アナログとも言える自分の健康への取り組みが皮膚のアンチエイジングにも活用されるのです。
食事という行為は、食べ物を気軽に口に運んで20回前後咀嚼して飲み込んで終わりだが、そのあと人体は本当によく働き続けて異物を身体に取り込むよう励んでいる。
一度永久歯の表面のエナメル質を溶かしてしまうほど拡大してしまった歯周病は、たとえ炎症そのものが和らいだとしても、エナメル質が元通りになるようなことはないでしょう。
グラスファイバーで作られたギプスは、大変強靭で軽量な上に長期間使うことができ、濡らしてもふやけずに使用できるというメリットがあり、現在の日本のギプスの定番と言っても過言ではありません。
ピリドキシンは、色々なアミノ酸(Amino acid)をTCAサイクル(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギー源を活用するのに必要となる回路へ取り込ませるためにそれ以上に分解させるのを助長するという働きもあると言われています。
虚血性心疾患の心筋梗塞とは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化によって血管内の空間が狭くなってしまい、血流が途絶え、酸素や様々な栄養を心筋に配達できず、筋繊維自体が死ぬ重い病気です。
ともすると「ストレス」というのは、「なくさなければいけない」「除外しなければいけない」ものと捉えがちですが、実を言えば、私たちヒトはこうしたストレスを感知するからこそ、活動することに耐えられるのです。
下腹部の疝痛をよく起こす代表的な病気には、虫垂炎と混同しやすい大腸憩室症、腎や膀胱などの尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍ができる潰瘍性大腸炎、腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、子宮や卵巣の病気など、様々な部位の病気が聞かれます。
男性だけにある前立腺はその生育や活動にアンドロゲン、即ち雄性ホルモンが密に関係しており、前立腺に発生したガンも同じように、アンドロゲン(雄性ホルモン)の働きを受けて大きく成長してしまいます。
バランスの良い食生活や運動は言わずもがな、体の健康やビューティーを目的とし、目当ての栄養を補うために色々な成分のサプリメントを利用する事が常識になってきていると言われています。
子どもの耳管の特性は、大人のそれと比較すると太くて短めで、且つ水平に近いため、バイ菌が侵入しやすくなっているのです。乳幼児がよく急性中耳炎を起こすのは、この作りが関係しています。
国民病ともいわれる花粉症とは、森のスギや檜、ブタクサなどの大量に飛散する花粉がアレルゲンとなって、くしゃみ・目のかゆみ・頭重感・微熱・鼻水などの多様なアレルギー症状を齎す病気なのです。

Comments are closed.

Post Navigation