胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことや煙草・お酒を毎晩飲む事・体重過多などの生活習慣が悪化したこと、ストレス等により、殊更日本人に多い病気なのです。
基礎代謝量(kcal)というのは睡眠中ではなく目覚めている状態で命を維持していく(心臓の鼓動、口からの呼吸、腎臓の様々な活動、体温や筋肉の緊張の保持等)ために要る基礎的なエネルギー消費量のことを言うのです。
チェルノブイリ原発事故に関する長期間に及ぶ後追い調査のデータから、大人に比べて子供のほうが分散した放射能の害を受容しやすいことがわかっているのです。
軽傷の捻挫だろうと決め込んでしまい、湿布をして包帯やテーピングで患部を適当に固定し、そのまま様子を見るのではなく、応急処置を済ませたら少しでも早く整形外科へ向かうことが、結局は早く完治させる近道だといえます。
暗い場所だと光量が足りなくて物が見づらくなりますが、より瞳孔が開くため、眼球の水晶体のピントを合わせるのに不必要なパワーが消費され、明るい場所で物を見るより疲労が大きくなるのです。
自動体外式除細動器(AED)というものは医療資格を保有しない人にも使う事のできる医療機器で、機器本体からの音声ガイダンスが指示してくれる通りに手当することで、心臓が小刻みに振動する心室細動の絶大な治療効果を与えます。
子どもの耳管の仕組みは、大人のそれと比較して幅があり短い形で、且つ水平に近いため、様々な細菌が入り込みやすくなっています。小さな子どもが急性中耳炎に罹りやすいのは、この構造が関係しています。
環状紅斑(かんじょうこうはん)というのは輪状、要するに輪っかのような円い形をした真紅色の発疹や鱗屑など、皮膚病の総合的な病名で、因子は実にいろいろです。
グラスファイバー製ギプスは、非常に強くて軽量な上に耐久性があり、水に濡れてもふやけずに使用できるという長所があり、いまの日本のギプスの人気製品となるまでに浸透しました。
WHOは、身体に害を与えるUV-Aの異常な浴び過ぎは肌に健康障害を引き起こす恐れがあるとして、19歳未満の若者がファッション感覚で日サロ(日焼けサロン)を利用することの禁止を強く世界中に喚起しています。
期外収縮は、健康体にも症状が発生することがあるので難しい心臓の病気ではないと考えられていますが、短い期間で発作が継続して出るケースは危険なのです。
赤ちゃんが受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、従来の生ワクチンに変わり、正式に定期接種集団接種ではなく小児科などの医療機関で注射する個別接種の形に変更されています。
最も大きな臓器である肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが多く溜まった脂肪肝(steatosis hepatis)という病気は、脳梗塞というような色んな生活習慣病の合併症の誘因となる恐れがあることをご存知でしょうか。
スギの花粉が飛散する頃に、まだ小さなお子さんが体温は平常なのに頻繁にくしゃみしたりサラサラした水っ洟が止む気配をみせないケースは、もしかしたら『スギ花粉症』の恐れがあります。
エイズウイルス、すなわちHIVを含んでいる精液や血液の他、腟分泌液、母乳、唾液といったあらゆる体液が、看病する人や交渉相手などの粘膜部分や傷口に接触する事で、感染するリスクが高くなります。

Comments are closed.

Post Navigation