ポリフェノール最大の特性はL-アスコルビン酸や脂溶性のV.E.などとは違い、細胞間の水溶性の部分、脂溶性部分、更に細胞膜でも酸化を遅れさせる効果をいかんなく発揮します。
子どもの耳管の特徴は、大人に比べて太目で短めの形で、かつ水平に近いため、雑菌が潜り込みやすくなっているのです。乳幼児がよく急性中耳炎に罹るのは、この作りが関係しています。
胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科手術では大半の病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP)」もしくは「冠動脈(かんどうみゃく)バイパス手術(CABG)」の双方の治療方法が熱心に利用されています。
アルコール、薬、科学的に合成された食品の添加物等を酵素によって分解して無毒化する作用を解毒といい、肝臓の果たしている最も大切な働きのひとつです。
流感、即ちインフルエンザの効果的な予防策や医師による治療など必須の対策というものは、それが季節性のインフルエンザであっても新たに発見された新型インフルエンザでもほぼ変わらないのです。
下腹の痛みを引き起こす病気の一例として、盲腸と混同しやすい大腸憩室症、尿路に石ができる尿路結石症、原因不明の難病である潰瘍性大腸炎、重篤な症状を示す急性腹膜炎、女性特有の病気など、色々な部位の病気が挙げられるでしょう。
赤ちゃんが受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、現在まで採用されてきた生ワクチンにかわって、原則無料の定期接種になるため、集団接種ではなく小児科などの医療機関で個々に注射するに変わりました。
自動体外式除細動器(AED)とは医療資格のない方でも使える医療機器で、機器から発せられる音声ガイダンスに従って手当することで、心臓が細かく震える心室細動に対しての治療の効果をもたらします。
塩分と脂肪分の摂取過多を中止して運動に努めるだけでなく、ストレスを蓄積しすぎないような生活を意識することが狭心症の誘因となる動脈硬化を未然に防ぐ知恵です。
最も大きな内臓である肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが多く付着した脂肪肝(steatosis hepatis)という病気は、動脈硬化や糖尿病等々色んな生活習慣病の合併症を誘引する可能性があります。
脂肪過多に陥っている肥満は大前提として摂取する食物の種類や運動不足が主因ですが、量が等しい食事をとっていても、せっかちに食べ終わる早食いを日常化することで脂肪過多に陥っている肥満を招きます。
World Health Organizationは、人体に有害な紫外線A波の異常な浴び過ぎは皮膚疾患をもたらす可能性が高いとして、19歳未満の若い人が肌を黒くする日焼けサロンを使用することの禁止を世界各国に求めている最中です。
もう永久歯の周りの骨を溶かすまでに酷くなってしまった歯周病は、たとえ症状そのものが安定したとしても、失ったエナメル質が元の量に戻るようなことは無いと考えておいた方が良いでしょう。
花粉症の緒症状(水っぱな、鼻詰まり、くしゃみ等)のせいで夜しっかり眠れないと、それが要因で睡眠不足の状態に陥り、次の日のすべての活動に思わしくない影響を与えることもあるのです。
アミノ酸のひとつグルタチオン(Glutathione-SH)は、細胞の機能を衰退させたり変異を誘引する人体に悪影響を及ぼす有害物質を体の内部で解毒し、肝臓の働きをより強める特性が認識されています。

Comments are closed.

Post Navigation